工法紹介

基礎構造

住宅の基礎構造計算は「すべての建物において建築条件・規模が異なり、規格のみでは対応できない」という事が大前提である事を認識し、対応していく事で丈夫な家作りが可能です。討事項の中で一例ですが、次のような事が考えられます。


  1. 地層構成の想定(地盤調査)
  2. 予想される土質・基礎工学的問題点の抽出
  3. 可能な基礎構造の想定
  4. 土質・基礎工学的問題点の基本検討
  5. 設計・施工時要件の設定
  6. 基礎構造の設計方針の検討
  7. 比較検討のための基礎構造の抽出

このような複雑な問題点をクリアし、その上で基礎は安全でなければなりません。