工法紹介

地盤調査

聖建設では重要な要素の一つ【地盤】を知る為に、国土交通省により「地盤の許容応力度および基礎ぐいの 許容支持力を求めるための地盤調査の方法」として位置付けられている 【スウェーデン式サウンディング試験】方法を採用しています。 スウェーデン式サウンディング試験とボーリング調査と比較すると明確な部分は、 ボーリング調査は通常の調査ポイントが1ヶ所であり、その理由としてはコスト面と調査時間の問題からきていますが、 スウェーデン式サウンディング試験の調査ポイントは、通常3~5ヶ所です。ポイントが増える事により、 地層堆積状況を立体的に把握する事が可能となり、より詳しく地盤の特徴を知る事により、 適切な基礎計画が初めてたてられます。 丈夫な住まい作りの為、聖建設では調査ポイントを常に建物直下の5ヶ所としています。